昭和30年代

ひっそりと咲いた漫画青年たちの桃源郷

=トキワ荘へのオマージュ・ダンスライヴ

& キャンドル・インスタレーション



初春の一日

尼ケ坂サロンはキャンドルで彩られます。

ろうそくが灯す静かなゆらめきのなか

蜃気楼のごとく現れるダンサーたち、、

つかの間の昭和時間の旅へ皆様を誘います。

三名のサイレンス・ダンサーを案内役に

異界への扉は、黄昏にひらきます・・





<構成>

タナカアリフミ


<サイレンス・ダンス > 

長谷川 哲士

黒野 靖子( from KURONOZ )

タナカ アリフミ


<ろうそく >

 silent player  河合 悠


<コーディネーション>

尼ヶ坂  今枝 和仁






「カオスの中にある美」



喧噪(けんそう)の時代にあり、傍流(ぼうりゅう)の時代でもあった高度経済成長の30年代の日本は混沌していた。その時代に「トキワ荘」に集まった青年漫画家たちには秘めた静かなるパッションがあった。夢と現実のギャップと葛藤の青春のドラマがあった。モノと情報が溢れ、全てに充たされた現代の私たちが失ってしまった大切なものがそこあることに気づく。


タナカアリフミ氏はこれまでダンスの構成において緻密な方法を取ってきた。2010年でダンス歴10年になるタナカ氏の課題は緻密からの解放である。時代が求めるモノは緻密さではなくもっと多様性の持ったモノが求められていると思った。加齢とともに頑固、強固、偏屈になりがちな自我にゆさぶりをかけて創り手としてあらたな創造の芽を成長させたいとの想いが沸き上がるとともに自分の緻密さが窮屈に思えるようなったようだ。


その気づきの切っ掛けとなるひとりの映画監督がいた。パントマイムダンサーから映画監督になったジャック・タチである。彼は晩年映画「プレイタイム」〜1967・仏〜「都市の中におけるカオス」を描いた。その試みは皮肉にも彼の死後30年経ってから評価されることになる。


タナカは昭和30年という時代とトキワ荘にカオスを感じ静か光を見た。「カオスの中の美」である。ゆれるろうそくの灯りと時空の中にカオスを創り出し即興(インプロヴィゼーション)という手法で「喧噪の中の静けさ」を表現する。タナカ氏の新たな取り組みがはじまろうとしている。

  


尼ケ坂 店主 今枝





● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●





アーティストプロフィール


黒野 靖子

ダンス・英語俳句ポエット、通訳者。アメリカでの大学生時代よりポストモダンダンスを始める。豪州、米国、フランス等で展開中のパフォーマンス・インスタレーション・プロジェクト「クロノズ」のオリジナルモデル


http://kuronoz.org

http://www.takeoffyourskin.com




長谷川 哲士(ハセガワサトシ)


舞踊家 1964年8月10日生 1984年3月より近代舞踊を習い初め、以後、様々な様式の舞台に出演。1997年から2000年まで静岡県舞台芸術センター専属舞踊家として仏人振付家の薫陶を受ける。以後単独活動。タナカ氏とは09年9月「坐る男」より二度目の逢瀬。




タナカアリフミ


闘病体験により自分のカラダを発見する。空間と身体への興味から2000年よりダンス作品を創り始める。立つ・坐る・歩くだけでみせる<歩く男>、ソファに座ったままのダンス<坐る男>などダンス定義の変革を目指す。会場実測、図面作業からはじまる振付法。ダンス未経験者をスカウトするキャスティング法など独自の表現作法=

【サイレンス・ダンス】を展開する。


http://www.mother.co.jp/silencescape/



河合 悠


Silent Player = ろうそく作家




・・・・・・・・・・・・・・・・・・


開催場所:尼ヶ坂サロン

開催日:1月10日 日曜日 

受付開始:16時30分 開演:17時

入場料:¥2500  ( Welcome ドリンク付)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


進行スケジュール


16:30  ウェルカムドリンク

17:00 ダンス1

17:20 カフェタイム

17:40 ダンス2

18:00


19:00 3周年パーティー



 


おどらないダンスで描く

『踊画トキワ荘』

Silence Dance x Silent Player

1. 10. sun. 2009


3rd Anniversary of Amagasaka

三周年記念イベント

3rd Anniversary Salon Party

三周年記念イベント・パーティー



尼ケ坂サロンは御陰さまで、

新年1月15日をもって三周年をむかえることになりました。


尼ケ坂サロンに集うデザイナーをはじめ、ミュージシャン、料理人、エンジニア、建築家、写真家、ダンサー、絵本作家など様々ななアーティストやクリエイターの皆さん、そして、尼ケ坂の周辺の住民の皆さん、ならびに尼ケ坂をこよなく愛してくださる皆様の温かい応援によって、なんとかここまでやってこられました。


多くのクリエイターやアーティストの皆さんと夢を語り合い、ぶつかり合い、葛藤して多くの壁を乗り越えて様々なイベントや企画を開催できました。そうした中多くの素敵な縁を頂き、その縁が多くのクリエイターやアーティストの皆さんへ良い連鎖となって派生したことは「サロン」冥利につきます。


そして、デザイナーである私は接客経験もなく、お客様に直接「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」「また、お越し下さいませ。」と言葉にすることは、恥ずかしながら人生でも初めての体験でした。自分で選び、デザインしたものをダイレクトにお客様に触れて頂き、そして喜んで声を直接頂けたことは、通常クライアント(川上の)としか接点を持たないデザイナーとして何よりの自信と励みになりました。


2006年新春「尼ケ坂ビル再生プロジェクト」と称し、1年かけて計画したリノベーションを終えて、なんとか「尼ケ坂サロン」のオープンにたどり着きました。それまでの道のりの長さに加え、未経験の「八百屋のおやじ(サロンの店主)」としての仕事は層状以上に大変でした。しかし、私を支えになったのはお客様の笑顔と「ありがとう。」の一言でした。そしてもう一つは家族の存在です。


尼ケ坂サロンの活動を通じて、私自身の再生と創造へと繋がったようなきがします。2010年は後厄でもあることもあり、この三周年を迎えるにあたりもう一度初心にかえって、静かに(silent) 再スタートしたいと思っております。


おどらないダンスで描く「踊画トキワ荘」のライブパフォーマンスの後は、皆様とささやかに「三周年記念パーティー」を開催したいと思います。是非ともお気軽にご参加下さいませ。そして、皆さんの交流の場(サロン)となれば幸いだと思っております。


今後も何卒よろしくお願い致します。



                                            尼ケ坂 店主 今枝和仁



開催場所:尼ヶ坂サロン

開催日:1月10日 日曜日 

受付開始:19時

入場料:  無料 


飲食: ドリンク&フード 全てワンコイン(500円)

持ち込みのドリンク&フードもWelcome です!